美加の台学園中学校

教育目標

KOSHO31

本校の校章は、新しい活気に満ちた美加の台を吹き抜ける爽やかな「風」と、1・2・3年生からなる、 本校の生徒の調和と支え合う心をイメージして考案されたものです。

美加の台中学校めざす学校像3がいプラン
生徒にとって      行くがいのある学校
保護者・地域にとって  頼りがいのある学校
教職員にとって     働きがいのある学校

学校のスローガン
『つながる美加の台』

美加の台中学校区で共通にめざす子ども像
『心豊かにたくましくきらり輝く美加の台っ子』

本年度4月、美加の台中学校 校長を拝命致しました阪口博美と申します。
どうかよろしくお願いします。
本校は平成3年4月開校以来、26年目を迎えました。現在1年生54名、2年生57名、3年生57名、計168名の生徒が在籍しており、学習はもとより学校行事・生徒会活動・部活動などに意欲的に取り組んでいます。
「みんな(生徒、保護者、地域、教職員)が輝き、感動を味わえる学校」をめざし、下記 ①~⑤を柱として様々な教育活動を展開しています。
  ① 一人ひとりの学力向上(進んで学び、考える生徒)
  ② よりよい人間関係の構築(自分を大切にし、他者を思いやる生徒)
  ③ 健やかでたくましい体づくり(自ら鍛える生徒)
  ④ 信頼される学校づくり(保護者、地域にとって頼りがいのある学校)
  ⑤ コミュニケーション能力の向上(自分の思いを自分の言葉で伝えることができる生徒)
 
2学期に行われる体育大会(今年は10月1日)や美加の台学園祭(9月10日)、合唱コンクール(10月21日)では、保護者だけではなく地域の方々を巻き込んで大変な盛り上がりを見せます。特に、9月10日(土)に予定している美加の台学園祭では、「学校を中心にして地域の防災を考える」をテーマとして地域全体の絆をより深める取り組みを考えています。

 今後も、地域や保護者の協力を得ながら、小、中学校の教職員が一丸となって『つながる美加の台』をスローガンに様々な特色ある教育活動を展開していきます。ご支援ご協力をよろしくお願いします。

    平成28年6月 学校長  阪口 博美